パリの地下鉄定期券Navigoが2021年までに日本のようになる!?

© navigo

現在パリ、イル・ド・フランス管轄地域の公共交通機関(地下鉄・RER・バス・トラム)を定期券で利用する場合、Zone制ごとのnavigoというカードを利用し、お好みに応じて、1週間だったり、1ヶ月だったり選べるようになっているのだが、そのnavigoカードが2019年より、大きく変貌することを公式サイトにて報じています。

その内容とは、2019年から2021年を目処に、現在の日本の定期券システムのように、スマートフォンが定期券代わりになるシステム Smart Navigoが導入され、窓口へ行かなくとも、直接、スマホからチャージが可能というシステムが導入されると言います。また、2021年には、日本ではおなじみのおサイフケータイ機能も追加されるそうで、日本でのあのおなじみのシステムが、パリでも見られる日がまもなく、やってきそうです。

パリ、イル・ド・フランス在住の方で、Navigoカードを利用されている方、要チェックです。